競馬のルールを知ってますか?馬券を買うだけが競馬じゃない

keiba

G1レースや女性の騎手など何かと話題の競馬。見ているだけでも楽しいですが

芸能人の○○さんが万馬券を当てた。等のニュースはきいたりしますが

競馬のルールや、そのバックグラウンドなどを知ることで、馬券を買うだけではなく

競馬を理解することで楽しく競馬に接することができます。

この記事では競馬場で行えること、行ってはいけないこと

馬券についての基礎知識や、レースやコースの種類等について解説を行います

そもそも競馬とは

競馬とは騎手によって馬により行われる競走競技。

およびその着順を予想する賭博である。

発祥はイギリスで近代では競走競馬は多くの国で行われているが、その多くは

勝ち馬投票券とセットの興業として行われる。

競馬場の数

日本ではG1レースなど最高峰のレースがおこなわれる競馬場のことを「中央競馬場」とよび、日本全国で10か所あります。その場所は以下の通りです。

札幌競馬場

函館競馬場

福島競馬場

新潟競馬場

東京競馬場

中山競馬場

中京競馬場

京都競馬場

阪神競馬場

小倉競馬場

また、それぞれ競馬場には入場料が必要です。

競馬開催中の競馬場の入場料は、『東京・中山・中京・京都・阪神』は200円、『札幌・函館・福島・新潟・小倉』が100円です。15歳未満は入場料がかからないほか、『ウインズや競馬開催をしていない競馬場』は入場料無料です。

馬券の種類

レースを見るだけでもいいですが、競馬は公営ギャンブルなので

どの馬が勝利するかにお金をかけることができます。

お金をかける券の事を「馬券」と呼び、それぞれ以下のルールがあります。

単勝・・・1着になる馬を当てる

複勝・・・3着までに入る馬を当てる

応援馬券・・・単勝と複勝を同時に購入できる馬券

枠連・・・1着と2着になる馬の『枠番号』の組み合わせを当てる

馬連・・・1着と2着になる馬の『馬番号』の組み合わせを当てる

馬単・・・1着と2着になる馬の馬番号を着順通りに当てる

ワイド・・・3着までに入る2頭の組み合わせを馬番号で当てる

三連複・・・1着・2着・3着など連続する馬の組み合わせを馬番号で当てる

三連単・・・1着・2着・3着になる馬の馬番号を当てる

予想が当たるとそれに見合った倍率で払い戻しが可能です。

払い戻しの倍率は実現が難しいほど高くなります。

その計算方法は他の馬券の投票金額によって変化するなどレースごと、時間ごとによって変化します。

購入できる最小の単位は100円からです。

倍率(オッズ)は最低1.0倍から何百倍まであります。

100倍を超えるオッズは「万馬券」と呼び、最低の100円をかけても1万円以上の払い戻しになるためそう呼ばれます。

競馬場で気をつける必要のあるルール

競馬場では守るべきルールや明記はされていませんが暗黙のルールなどが存在します。

競馬場で他の方に迷惑をかけないように事前に確認しておきましょう。

カメラのフラッシュはオフにしましょう

競馬場で走る馬(サラブレッド)は警戒心が強く。デリケートな馬もいるため

カメラで写真を撮ることはOKですが、馬へのストレスを与えないようにフラッシュをたくことはタブーとされています。

同様にレース出走前に大声を出すこともNGです。過去に大きな声をだしたことで出走前の馬が暴れ出し、死亡事故が起きたケースもあります。

レースが始まれば馬との距離もありますし、大きな声を出してもいいですが、

出走前は馬への刺激はできるだけかけないように気をつけましょう。

レース場に物を投げない

ドラマなどでゴールした後に外れた馬券を投げ捨てる等の行為を見ることもありましたが

レース場に物を投げ入れる行為はレースを中止する可能性のある大きなルール違反です。

レースを観戦するための観覧席なので、レースの実行を阻害する行為は絶対に行わなようにしましょう。

また、外れた馬券はその場に捨てずにゴミ箱にすてましょう。

ルール化はされていませんがモラルよく競馬を楽しみましょう。

そもそも競馬場に持ち込んではいけない物もあります

中央競馬では以下の物は持ち込みが禁止されています。

どんな目的あろうがなかろうが持ち込み自体が禁止なので競馬場に行く時は注意しましょう、

危険物(火気類・ビン類・缶類など)

・ペット(盲導犬・聴導犬を除く)

・車輪のついた器具や乗り物(車椅子・ベビーカーは可)

・テント・パラソル・大型のテーブル

・騒音が発生する器具(ホイッスル・拡声器・楽器など)

・投げる・飛ばすことを目的とした器具(ボール・風船など)

馬券を購入できるのは20歳から

これも忘れてはいけないのですが馬券を購入できるのは20歳からです。

これは法律で決まっているので注意しましょう。

平成17年の法律改正以降は、学生でも二十歳以上であれば馬券を買うことができるようになりました。

的中馬券の払い戻し期間は60日

購入した馬券が的中した事に気づかずに帰宅した場合。

払い戻しの期間はレース当日60日となっています。

うっかり60日を過ぎてしまった場合は払い戻しができなくなりますので気を付けてください。