テレビ東京杯青葉賞|GIIIの歴代優勝馬・歴史

青葉賞

テレビ東京杯青葉賞 1984年に2着目でに入線した馬に【日本ダービー】の優先出走権が与えられるダービー指定オープンレースとして始まり、1994年にGⅢに格付けされ優先出走権も3着までと枠が広がりました。 2001年にはGⅡに昇格となり、2010年には優先出走権が2着までに変更された。 日本ダービーと同じ東京競馬場のコース・距離で開催されることから、前哨戦とされている。 しかし、本レースから本番の日本ダービーで2着馬はいるものの、優勝馬は出していない。 1995年から地方競馬所属馬、2001年から外国産馬、2010年から外国馬が出走可能な国際レースになりました。 青葉賞の競走条件 出走資格ー サラ系3歳 *日本中央競馬会所属馬(外国産馬含む) *地方競馬所属馬 地方競馬所属馬は【日本ダービー】の出走予定馬2頭まで、及び日本中央競馬会の2歳GⅠ1着馬に優先出走権があるほか、日本中央競馬会で行われる芝の3歳重賞レース1着馬にも出走が認められる。 *外国調教馬 優先出走9頭まで 負担重量:ー馬齢 牡馬・騙馬56kg、牝馬54kg 賞金 1着 5400万円、2着 2200万円、3着 1400万円、4着 810万円、5着 540万円 年表 1994年 現3歳馬限定の重賞レース(GⅢ)として、第1回が東京競馬場の芝2400mで開催された。ダービー指定オープン重賞レースで3着までに入線した馬にダービーの優先出走権が与えられる。(2009年まで) 1995年 ダービートライアルレースに指定。ダービーステップレースに指定。地方競馬所属馬が3頭まで出走可能になる。 2001年 GⅡに昇格。外国産馬が出走可能になる。地方競馬所属馬の出走が2頭までに変更。 2010年 国際レースに変更になり、外国調教馬が9頭まで出走可能になる。ダービーの優先出走権が2着までに変更になる。 2020年 新型コロナウイルスにより無観客競馬で開催される。 青葉賞の歴代優勝馬 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 第1回 1994年4月30日 東京 2400m エアダブリン 牡3 02:28.8 岡部幸雄 伊藤雄二 第2回 1995年4月29日 東京 2400m サマーサスピション 牡3 02:25.8 田中勝春 鈴木康弘 第3回 […]

長い歴史のある【日経新春杯】の歴代優勝馬

競馬 日経新春杯

日経新春杯 創設時から1980年までハンデキャップ戦でしたが、1981年から1993年まで別定戦で開催されてきましたが、1994年から再びハンデキャップ戦に変更になりました。 距離も創設時は京都競馬場の芝2400mで行われていましたが、1987年の第34回から1994年の第40回までは芝2200mに短縮され、翌1995年から現在の2400mに再変更されました。 本レースの優勝馬にはオーストラリアで行われるGⅠ【コーフィールドカップ】への優先出走権が与えられる。 出走資格:サラ系4歳以上 *日本中央競馬会所属馬 *地方競馬所属馬(2頭まで) *外国調教馬(優先出走9頭まで) 負担重量ーハンデキャップ戦 日経新春杯の賞金 1着 5700万円、2着 2300万円、3着 1400万円、4着 860万円、5着 570万円 日経新春杯の歴史と歴代優勝馬 1954年 現4歳以上の馬にによる重賞レースとして、【日本経済新春杯】のレース名で第1回が京都競馬場の芝2400mで開催された。 1979年 レース名を【日経新春杯】に改称。 1980年 阪神競馬場の芝2400mで開催される。 1984年 グレード制導入によりGⅡに格付けされる。京都競馬場のダート2600mで開催される。 1990年 外国産馬が出走可能になる。 1994年 阪神競馬場の芝2500mで開催される。 2001年 馬齢表示変更により、競走条件を4歳以上の馬に変更される。 2006年 外国調教馬が出走可能になる。 2007年 外国調教馬が8頭まで出走可能になる。 2015年 出走枠18頭に拡大。外国調教馬が9頭まで出走可能になる。 2017年 雪により1月17日(火曜日)に順延。 2020年 地方所属馬が2頭まで出走可能になる。 日経新春杯の歴代優勝馬 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 第1回 1954年1月17日 京都 2400m ダイサンホウシユウ 牡4 2:34.4/5 上田三千夫 上田武司 […]

阪急杯|高松宮記念に向けた重賞ステップ!歴代優勝馬紹介

阪急杯

阪急杯の概要 創設当初は阪神競馬場の芝2200mで行われていましたが、距離の短縮や延長が繰り返され1996年に高松宮杯(現 高松宮記念)が、GⅠに昇格した際に本レースも芝1200mとなり高松宮杯の前哨戦に位置付けられるようになりました。 2006年には芝1400mに距離を延伸された。 高松宮杯の前哨戦ということもあって、強豪馬が集まってレベルの高いレースを毎年見せてくれます。 負担重量 -別定 56KG、牝馬 ー2KG 2016年2月27日以降のGⅠレース(牝馬限定レースを除く)優勝馬2KG増、牝馬限定GGⅠレースまたはGⅡレース(牝馬限定レースを除く)優勝馬1KG増 2016年2月26日以前のGⅠレース(牝馬限定レースを除く)優勝馬1KG増(2歳時の成績を除く) 2012年度より、負担重量の加増内容がGⅡレースと同様にされている。 2014年より、本レースの優勝馬には高松宮記念への優先出走権が与えられる。 阪急杯の賞金 1着 4100万円、2着 1600万円、3着 1000万円、4着 620万円、5着 410万円 阪急杯の歴史 1957年 現3歳以上の馬による重賞レースとして【宝塚杯】のレース名で創設される。第1回は阪神競馬場の芝2200mで開催される。 1959年 京都競馬場の芝2200mで開催される。 1960年 レース名を【阪急杯】に変更される。 1974年 京都競馬場の芝1600mで開催される。 1976年 京都競馬場の芝1600mで開催される。 1990年 外国産馬が出走可能になる。 1991年 京都競馬場の芝1400mで開催される。 1995年 京都競馬場の芝1400mで開催される。 1997年 出走資格を現4歳以上の馬に変更される。 1999年 厩務員のストライキで4月10日に延期される。 2000年 地方競馬所属馬が2頭まで出走可能になる。 2002年 地方競馬所属馬が3頭まで出走可能になる。 2005年 外国調教馬が4頭まで出走可能になる。 2007年 外国調教馬が8頭まで出走可能になる。 2014年 本レース優勝馬に高松宮記念への優先出走権が与えられる。 2015年 外国調教馬が9頭まで出走可能になる。 2020年 新型コロナウイルスの流行により無観客競馬で開催される。 阪急杯の歴代優勝馬 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム […]

ステイヤーズステークスの競馬予想|過去の優勝馬と歴史を紹介

ステイヤーズステークス

ステイヤーズステークス ステイヤーズステークスの開催競馬場は中山競馬場で、芝の内回りコースを2周する3600m、ハンデキャップ重賞レースとして施行されましたが、1997年からGⅡに格上げになり負担重量もハンデキャップから別定に変更になりました。 有馬記念を目標にする、一線級の馬の出走もみられるようになりました。 ステイヤーズステークスの年表 1967年 現3歳以上の馬による重賞レース【ステイヤーズステークス】として創設される。 1968年 本年のみ出走条件を現4歳以上の馬に変更される。 1971年 馬インフルエンザのため開催が中止される。 1984年 GⅢに格付けされる。 1993年 混合競走に指定される。 1994年 レース名を【スポーツニッポン賞 ステイヤーズステークス】に変更される。 1997年 GⅡに格付けされる。地方競馬所属馬が出走可能になる。 2001年 馬齢表示変更により、競走条件を3歳以上に変更される。 2005年 外国馬が出走可能になる。 負担重量ー別定 *3歳54kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減 *2016年12月3日以降のGI競走(牝馬限定レースを除く)1着馬2kg増牝馬限定GI競走また はGII競走(牝馬限定レースを除く)1着馬1kg増 *2016年12月2日以前のGI競走(牝馬限定レースを除く)1着馬1kg増(2歳時の成績は除く) ステイヤーズステークスの賞金 1着 6200万円、2着 2500万円、3着 1600万円、4着 930万円、5着 620万円、 ステイヤーズステークスの過去優勝馬 回数 施行日 場 距離 優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 調教師 第1回 1967年10月8日 中山 3600m リコウ 牡5 03:53.8 横山富雄 小西喜蔵 第2回 1968年5月5日 中山 3600m ニウオンワード 牡4 03:54.5 […]

x
No Deposit Bonus